スキップしてメイン コンテンツに移動

「こんな時、どうするの?~雇用編」★ 「謝金と給与の違い」について★

今回は、謝金と給与の違いと考え方についてふれます。
組織の運営や事業を実施する「人」に関わる費用として、謝金と給与にはそれぞれ違いがあり、特にNPOは注意しないと「労働基準法」に反する場合があります。
 例えば、団体と専属契約を結んでいるデザイナーに、チラシやウェブサイトの作成や更新を年間を通じてお願いしている場合。
 これは、労働時間等の制約がなく、成果物の具体的指示だけであれば、「請負契約」を結ぶことで「謝金」として支払うことができます。
 NPO法の解釈では、役員に支払われる給与は、「役員報酬」として計上することが必要です。
 ただし、代表権を理事長や副理事長だけに限定しているような法人で、他の理事が「使用される者」として労働も行っており、それが他の職員と同じ基準でされている場合は、給与手当で行っても構いません。
 その場合は、必ず「労働条件通知書」を取り交わすようにしてください。

 NPOにとっては、「ボランティア」という名称であっても、支払われる金銭が給与だと労働基準監督署が判断する場合がありますので、気をつけましょう。
 組織から仕事の日程や時間、作業手順などが定められていて、その業務が拒否できるかどうかということなどがポイントになります。
 口約束であっても時間や作業内容によって契約を結んでいるとされて、「謝金」ではなく「給与」であると判断される場合もあります。

 活動をはじめる前に、仕事の内容や条件を整理し、それは誰に、どのような条件でお願いするのかをあらかじめ決めておくようにしましょう。
 その際に、心配であれば、社会保険労務士やお近くの労働基準監督署に事前に相談をされることをおすすめいたします。


(にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp) 

コメント

このブログの人気の投稿

このサイトについて

このブログは、新潟県NPO・地域づくり支援センター(新潟NPO協会まちづくり学校)が運営する、『にいがたNPO情報ネット』の連載トピック等をまとめたものです。NPOや市民活動に携わるみなさんが日々の運営の中で感じる疑問や陥りやすい落とし穴、また法人運営のコツをポイントごとに解説しています。

<問い合わせ先>新潟県NPO・地域づくり支援センター
TEL:025-281-0014 E-mail:info[at]nponiigata.jp ※[at]を@に

「こんな時、どうするの?~NPO法改正編」NPO法の改正で注意したいポイント

3月末に事業年度を終了したNPO法人のみなさんは総会を終え、事業報告書の提出の準備をされているころでしょうか?本日は資産の総額の登記とそれにともなう法改正についてお知らせします。 NPO法人は事業年度がおわったら毎年法務局に資産の変更登記を行わなければなりません。資産の総額変更登記は役員の変更などと違ってうっかり忘れがち。窓口でも実際に設立から一度も資産の総額の登記をしたことがない、というNPOもちらほら見受けられます。この場合、さかのぼって登記する必要があります。 さらに今回のNPO法の改正にともない、資産の総額の登記は、施行日(未定)より貸借対照表を公告する方式にかわります。NPO法人の皆さんは、この機会に法人の定款「公告」の部分を見直してみましょう。 貸借対照表の公告方法は以下の4つの方法から選択することができます。 (1)官報に掲載、(1度掲載)(2)日刊新聞に掲載 (1度掲載)(3)電子公告(HP)(作成してから5年間継続)※主に法人のウェブサイトもしくは内閣府のNPOサイトへの掲載となります。(4)不特定多数の人が見ることのできる場所に掲示する(1年間継続)(1)以外の方法を選択する場合は、定款の公告部分に以下のただし書きを平成30年10月までに追加して変更する必要があります。 【例文】『ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については○○((2)から(4)を選択)に掲載して行う』 また定款変更を行っても、資産の総額の登記は法の施行日までしなくてはなりませんのでご注意ください。定款変更や手続きに関する詳細はセンター窓口までお問い合せください。<相談窓口はこちら>新潟県NPO・地域づくり支援センター TEL:025-281-0014 E-mail:info[at]nponiigata.jp ※[at]を@に【参考】貸借対照表の公告と定款変更について|新潟県NPOのページhttp://www.pref.niigata.lg.jp/kenminseikatsu/1356864469205.html